SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

MEMBERS BLOG

facebook
10
twitter
00
はてなブックマーク
00

BLOG

『しましまな日々』
0歳、沖縄旅。

 「いつ行けなくなるかわからないから、今、行っておこう」。旅が好きで、国内海外問わず様々なところへ行くけれど、旅に出る理由は主にこれ。学生時代は「社会人になると時間が取れないから」。独身時代は「結婚したら行けなくなるから」。でも、「行けなくなる日」は今のところ来ておらず、なんだかんだ、よく旅に出ます。

 

 今回も「きこり(娘・0歳)が、歩き回るようになったら大変になるから」「飛行機で子供料金を取られる前に」、という言い訳をつけて、家族3人で沖縄へ旅立ちました。

 

 0歳児なんて小さすぎて、本人は旅に出ているかもわからないじゃん、と言われればそうなのだけど、きこりが覚えていなくたって、全然構わないんです。夫と私が一生覚えているから、楽しいから、それでいいんです。

 

 「沖縄だ、わーい!」という感情はないだろうけれど、ホテルのオーシャンビューの部屋で、ピンと張った真っ新なシーツの大きなベッドに、ちょこんと転がっている小さなきこりは、いつもより心踊らせて、ずりばい(ハイハイの前段階の動き)をしているように見えました。

 

 海水に足をつけたらギャン泣きしたけれど、プールはお気に召したようで、赤ちゃん浮き輪をつけて気持ちよさそうに、ゆらゆら。そのまま炎天下のなか、目を閉じて水にたゆたい眠ってしまい、真っ赤に日焼けしていたけれど。

 

 ホテルのシェフに離乳食を頼んだら出てきたのが、沖縄食材の紅芋やら、ゆし豆腐。人生でサツマイモより先に紅芋を食べるって、ウチナーンチュ…? ぽってりとした紅色のそれを、はむはむと無心に食べていました、やっぱり、ここが沖縄だとは知らずに。

 

 一番印象的だったのは、「沖縄美ら海水族館」でクラゲを観ていた、きこり。ジンベイザメより、イルカショーより、ふわんふわんと自在に泳ぐクラゲが気に入ったみたい。「私、クラゲと会話できるのよ」と言わんばかりに水槽に顔を近づけて、目をくりんくりんさせて覗き込んでいました。

 

 娘の「初めて」に立ち会えることが、とにかく嬉しい。
夫がいつか、そんなことを話していました。

0歳のきこりは、ただでさえ初めてでいっぱいの毎日なのに、旅はそりゃもう、初めて三昧。沖縄から帰ったあと、ひとまわり成長したように見えたのは本当で、保育園の先生のから「急に、大きくなりました…?」と言われました。いいねぇ、沖縄でなにかを感じ取ってきたじゃん、きこり。

 

 ちなみに泊まったホテルは、私が沖縄MOOK本の編集に初めて携わった年に取材した、名護に位置する「ザ・ブセナテラス」。旅行雑誌『じゃらん』編集部の先輩ママのおすすめで、「乳児と旅をするのは当たり前なこと」というホスピタリティと、過剰すぎないサービスが素晴らしかった。

子供メインのTHE ファミリーホテルに泊るのがシャクだった私の、「大人の夏休み、乳児付き」というテンションを見事に叶えてくれました。ベビーベッドやベビーカーの貸し出しはもちろん、テラスバーベキューもあるので、ベビーが泣き叫んでも夕食が楽しめます。「沖縄美ら海水族館」まで車で40分という好立地なのも◎。

 

 あれ…? このブログはエッセイらしきものなのに、最後はいつもの編集記事のようなリコメンドになってしまいましたが、まぁ、よし?

 

ベビー連れの沖縄旅に。秋のオフシーズンもいいです。
「ザ・ブセナテラス」
http://www.terrace.co.jp/busena/

 

『しましまな日々』ってなに? はじめのご挨拶はこちら

イラスト/HILLARY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RITZ

RITZ

EDITOR・WRITER

グルメ、美容系、雑貨など、女子向けの取材・編集歴8年。しましま&旅好き。自宅のボーダー数と、訪れた国は20以上!

< 2017.12 
M T W T F S S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Archive
2017年10月 (1)
2017年9月 (1)
2017年7月 (1)
2017年5月 (1)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2016年12月 (1)

more

TOPへ