SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

MEMBERS BLOG

facebook
05
twitter
00
はてなブックマーク
00

BLOG

困写

困写_comasha_005

 

但し書き


あけましておめでとうございます!
「使いどころに困る素材写真をあえて撮るコーナー」こと
困写第五回です。こましゃと読みます。

すっかり明けてしまいましたね。お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。
お正月の縁起物と言えば、初夢に見ると良いものの筆頭にも挙げられる「富士山」がありますが、わたくし何を隠そう”富士運”がないことでもっぱらの評判であります。(主に家族に)
※”富士運”とは”富士山を見るチャンスの時に、富士山がきちんとキレイに見える運”の事で、勝手に作りました。

実家が静岡県にあり、玄関を開けたら真正面に富士山が鎮座する立地にも関わらず、帰省するとほぼほぼ雲がかぶっていてちっとも見えない。さっきまでよく見えていたと言われて玄関を開けると雲がかぶっている。わたしのiPhoneのカメラロールには、見切れ富士が山のようにあります。(一応撮る)

というわけで今回は、年賀状やいわゆるお正月の縁起物素材としては全く役に立ちそうにない雲や民家や電線やらがかぶりにかぶった「ダメ富士」を放出します。ちなみにほとんどiPhoneまたはコンデジで撮影していますので、そういう意味でも素材写真には全く向きません。ご使用の際はくれぐれもご注意願います。(一応クリックで若干大きい画像が表示されます)




dsc_0630-2いきなり静岡ではなく河口湖方面からの富士山です。見えなくても、真正面が富士山です。



dsc_0687-2河口湖から。頭!


dsc_0103-2走行中の車内から撮るというとんでもない写真です。富士山は雲で見えていなくても左端に確かにあります。


img_0074-2これは雲がかかっていますがだいぶ運が良い方と言えます。


img_0083-2電線が残念ですが富士山自体はよく見えています!ヤッター!実家の玄関からの眺めです。


img_0097-2田んぼと民家の向こうに霞むようにしか見えていませんが、わたしにとって富士山というのは、年賀状やお札のような雄壮なものではなく日常の景色に見切れている存在でした。素材としては全くダメな写真ですが、休耕中の田んぼを突っ切って通学していた小学生の頃を思い出す景色です。


img_0092-2飛行機で富士山上空を通りがかった時の写真です。上からなら富士運もなにも関係ないですね!


というわけで、新年一発目の困写は特別めでたくもないダメ富士特集でした。
今年もよろしくお願いいたします!

=========写真ご使用の際の注意=========

・個人でも商用でも無料でお使いいただけます。
・アダルトサイトや違法サイト、
 宗教団体などでの使用は禁止します。
・著作権は放棄していません。
 二次配布(販売・貸与・譲渡等)は禁止します。
・利用の際、特に報告やリンクは必要ありませんが、
 していただけると大変うれしいです。
(「いいね」や「RT」等も歓迎です)
・写真素材を利用してトラブルや不具合が生じた場合
 一切の責任は負いかねます。

============================

[今までの困写]
困写002困写003困写004

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YUKICHI

YUKICHI

DESIGNER

流浪のデザイナー8年生。雑貨とマンガの話題に目を光らせながら、今日も中央線を行ったり来たり。

< 2017.07 
M T W T F S S
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Archive
2017年6月 (1)
2017年4月 (1)
2017年3月 (1)
2017年1月 (1)
2016年10月 (1)
2016年7月 (1)
2016年6月 (1)

more

TOPへ