SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

MEMBERS BLOG

facebook
07
twitter
00
はてなブックマーク
00

BLOG

『しましまな日々』
0歳からの保育園。

私の娘、木子(1歳・あだ名:きこり)は週明けから、保育園の1歳児クラスに進級します。

 

区の保育園の申し込みは秋。きこりは12月生まれだったので、臨月に近いおなかで保活をしたけれど、自然と編集者魂?みたいなものが湧き、候補の保育園をリストにまとめ、見学のアポ取りを一気にし、比較し、アピールポイントを書き。編集の仕事で大量の掲載許可取りや、ギリギリの取材日程やスタッフ調整をしていたので、その火事場のなんとやらを発揮してしまったわけです。

 

0歳5ヶ月で保育園に預けようとしていたとき、早すぎてかわいそうかなと迷いました。そんなとき、私のメンターである、同じ12月生まれ、同じ月齢で保育園に通い出した先輩ママからもらったことば。「いろんな大人にかわいがってもらうのは、とてもいいことだよ」。この一言で決めました。

 

きこりの成長を、見過ごすのではないか。このご時世に運良く、保育園から内定が出たときも、嬉しい反面、不安になりました。とくにめまぐるしく成長する0歳。ねんねしかできないきこりが、立つまでの1年間。またもやメンターに相談してみるや、「いやいや、成長、全部見られたし。1日で成長するわけじゃないんだから!」と一喝。

 

そのお言葉通りで、なかなか寝返りせずじらすきこりをたっぷり見られたし、前に進みたいのにズリズリ後退しちゃうのも見られたし、オムツ替えのときにいきなりつかまり立ちしたのも見られたし、はじめの一歩も夫婦で拝めた。

 

成長のたび、保育園の先生も高テンションで喜んでくれて、連絡帳には「!!」や「!!!」が飛び交う。「マットの上で360度回転しました!すごい!!」「保育園で初めての離乳食、しっかり口を開けてもぐもぐできて驚きです!!!」「喃語の種類が増えて、ご機嫌でたくさん話しかけてくれます!!」「おいで〜と声をかけると10歩ほど歩いてきてくれました!!感動です!!!!」(→この回が今年度、最多の「!」)。ついでに同じクラスのお父さんお母さんも、お互い時間がない朝のひと時に喜んでくれる。家族以外に、こんなにも娘の成長を喜んでくれるひとがいるって、なんて幸せなこと!!!!

 

アフリカのある地域の民族は、母親以外からも母乳をもらって飲んで、みんなで子育てをする——。一時期話題になったNHKの番組で紹介されていたけれど、ヒトは本来、大勢で子育てをするようにできているらしい。

 

とはいえ、絶対にみんなで育てたほうがいいということではなく、1年と3カ月どうにか母をやってきてみて、子育ての方法は「朝食にりんごを食べるか、オレンジを食べるか」みたいな一種の好みであり(好みだけでは済まされない事情がある場合は別ですが)、正解はないのだと認識。その“好み軸”で考えると、私の場合は仕事でもプライベートでも、「得意な人に助けてもらう」というのが好みであり信条なので、0歳からの保育園が合致したというわけです。

 

当の本人も今のところ、保育園が楽しそうでなにより。もちろん泣くこともあるし、イヤだなと思うこともあるだろうし、お昼寝タオルは絶対に自宅のものじゃないと寝られないし、これからもっと自我が芽生えたらどうしても登園したくない朝もあるだろうけれど、そんな日がきたら、父母はちょっくら有給を取らせてもらって(会社よ、スミマセン)一緒に遊びに行っちゃうよ!くらいな塩梅で構え、来年度も元気に登園しよう。

 

【これまでのお話はこちら】

001『しましまな日々』って? はじめのご挨拶

002『しましまな日々』0歳、沖縄旅。

003_%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84『しましまな日々』1歳。よくやった!
004_s『しましまな日々』素敵な、おさがり。

イラスト/HILLARY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RITZ

RITZ

EDITOR・WRITER

グルメ、美容系、雑貨など、女子向けの取材・編集歴8年。しましま&旅好き。自宅のボーダー数と、訪れた国は20以上!

< 2017.06 
M T W T F S S
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Archive
2017年5月 (1)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2016年12月 (1)
2016年10月 (1)
2016年8月 (1)
2015年4月 (2)

more

TOPへ