SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

MEMBERS BLOG

facebook
03
twitter
00
はてなブックマーク
00

BLOG

今月のなんの日:2月6日抹茶の日

こんにちは、毎日寒くて困っちゃいますね。この時期はもこもこしたふくら雀達を見るのが楽しみです。お団子みたいでかわいいですよね〜
さてさて毎月の気になった記念日を紹介する今月のなんの日14回目。

今回は、
2月6日:抹茶の日!
※複数の記念日の中から一つ選んでいます。


「抹茶の日」とは、1992年に愛知県の西尾市茶業振興協議会が西尾茶創業120年の記念として制定されました。日付の由来は、茶道で釜をかけて湯を沸かす道具「風炉(ふろ)」から「ふ(2)ろ(6)」の語呂合わせです。


抹茶のお菓子が好きで、中でもアイスが好きなのですが「抹茶アイス」やそのほかお菓子などで使用されている、緑の着色料の原料に衝撃的事実が!!

 

ちなみにその原材料名は「銅葉緑素」??
ほうほう、何かの葉っぱから抽出してるのかな?と思いきや……

 

なんと!
「蚕のフン」なのだそうです!!
(ひえーーー!!)

 

ミドリムシの粉末…じゃなくておカイコ様でしたか!しかもまさかのフンだったのかー!?とはいえ、もちろん健康に害はなく…食べても大丈夫です。(当たり前ですが)

蚕のフンは「蚕沙」(さんしゃ)」と言い、「漢方薬」として使われているんだそうです。薬効成分が高いことから、昔から漢方の生薬としても重用されていました。「蚕沙」を使った食品の原材料名、着色料の記載には「着色料:銅葉緑素」と書かれているとのこと。もちろん抹茶で色付けしている商品は「着色料:抹茶」と記載されているようなので、気になる方はチェックしてみては…

 

ちなみに…同じく虫からつくられた着色料はほかにも。
赤色の「コチニール色素」
というもので、こちらはハムやカニカマ、口紅などなど広く使われています。

 

その原料は
「カイガラムシ」という虫だそうです。

体調1mm〜3mmの小さな虫で、見た目は白。ですが体液が赤いよう。熱湯で煮沸した後に天日で乾燥させ、それを粉末にしたものが原料となっているそうです…(うっかり画像検索してしまいダメージを受けました…虫嫌いの方は閲覧注意です)昔赤い絵の具の原料にもなっていたそうです。


知らず知らずのうちに虫を口にしていたとは…衝撃的でした。が、とはいえ抹茶アイスは大好きなので、銅葉緑素の記載も気にせず今まで通りお世話になろうと思います。

 

◎参考元--------------------------------------------------

抹茶アイスの緑色は蚕のフン

コチニール色素の原料はカイガラムシだった。身体に害はないの?



■過去の何の日はこちら!---------------------------------------

1月6日:ケーキの日

171120s11月20日:ピザの日

9月14日:メンズバレンタインデーの日

7月22日:ナッツの日
170601s6月1日:麦茶の日
170404s4月4日:あんぱんの日

1702102月10日:ニットの日

16121612月16日:電話創業の日

161014s10月14日:鉄道の日

1607157月15日:ファミコンの日

1606036月6日:測量の日

1604154月15日:ヘリコプターの日
hira_1603183月18日:春の睡眠の日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HILLARY

HILLARY

DESIGNER

イラストを描いたり手芸が趣味な社内最年少デザイナー。 ゆるっと可愛いものが好きです。よろしくお願いします。

< 2018.08 
M T W T F S S
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

TOPへ