SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

MEMBERS BLOG

facebook
06
twitter
00
はてなブックマーク
00

BLOG

『しましまな日々』
寝ない子ども。- 前編 –

 子どもが生まれて一番驚いたこと。それは、赤ちゃんは寝ない、ということ。天使の顔で、すやすや静かに眠り続ける赤ちゃん。それとは程遠い、泣きわめき眠らない赤ちゃんも世の情報をみると多いらしく、きこ(娘2歳・あだ名:きこり)も生まれて間もない頃、それでした。

 

  ゆりかごのうたなんかじゃ眠りゃあしない。オリジナルソングを作ってみたがだめ。私でも、祖母でも、夫でも、寝ない。1時間抱っこし続けて、やっとウトウトしてベッドにおくと、かの有名な「背中スイッチ」が作動しギャン泣きして、はい、振り出しへ戻る。

 

 

 ちなみに私はとても睡眠欲が強く、眠るのが大好きで、日中、どうも機嫌が悪いときはだいたい寝不足のとき。眠りに執着のある私は何かを察したのか、きこりが生まれる前に「赤ちゃんの睡眠講座」に行き、すやすや眠る方法の本を何冊も読みました。とにかく各所説いろいろで、有名なアメリカの学者が提唱しているのは、泣かせて放置し、根負けさせて眠らせる強行策。眠りのために完璧なタイムスケジュールをすすめるイギリスのナニー、長い呪文のような絵本を読んで眠らせる作戦…などなど。

 根負け強行策を一度試してみたけれど、えずくほど泣かれまくってこっちが根負け。呪文の絵本は、立ち読みした時点で私が眠くなってきて却下。

 


 そんななか、青天の霹靂だったのが、助産師さんに教えてもらった「おひなまき」でした。悪い言い方をすると、手と足を抱えこんだ状態にして布でしばる。手足が曲がり、なんとも窮屈そうな格好。が! 魔法のほうにすーっと眠るようになり、そしてなにより起きないのです。赤ちゃんは、自分の手足を体の一部として認識しておらず、寝ている間に手足がビクッと動くと、それに驚いて起きたり泣いたりしてしまうらしい(!)。その反射を防ぐのが、おひなまき。さらにこれは、お母さんの子宮のなかにいる姿勢なのだそう。今までの苦労は、いったい…。赤子って本当に、わからない。

 

 おひなまきの魔法で、うそのように夜から朝までぐっすり眠り、そしてごきげんで起きるようになったきこり。「あぅ? あー?」と真っ暗のなかで声がして、カーテンを開けてきこりの顔に光をあてると「あ〜会いたかったのよー!」と言わんばかりの笑顔でそこにいる(汚い話なのだけど、この頃、必ず明け方にうんちをしていて、うんちまみれなんだけどごきげんだった)。

 「おはようよく寝たね」と、言える毎朝がこんなにも素晴らしいなんて! そして私もぐっすりごきげん、おひなまきさま!ありがとう。

 

 が、おひなまきの魔法はそう長くは続かず、第2次睡眠戦争がやってくるのですが、そのおはなしはまた、次回に。

 

【これまでのお話はこちら】

001『しましまな日々』って? はじめのご挨拶

002『しましまな日々』0歳、沖縄旅。

003_%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84『しましまな日々』1歳。よくやった!
004_s『しましまな日々』素敵な、おさがり。

005_s→『しましまな日々』0歳からの保育園。

006s→『しましまな日々』0歳の娘と初めて離れた、一夜のこと。

007s→『しましまな日々』夕方の平穏。

008s →『しましまな日々』子どもの育てかた。

009s→『しましまな日々』仕事と子ども、それ以外。

010→『しましまな日々』マネっこ2歳。

011s→『しましまな日々』おやじの味。

 

イラスト/HILLARY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RITZ

RITZ

EDITOR・WRITER

グルメ、美容系、雑貨など、女子向けの取材・編集歴8年。しましま&旅好き。自宅のボーダー数と、訪れた国は20以上!

< 2018.10 
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Archive
2018年9月 (1)
2018年7月 (1)
2018年6月 (1)
2018年4月 (1)
2018年2月 (1)
2017年12月 (1)
2017年10月 (1)

more

TOPへ