SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

MEMBERS BLOG

facebook
00
twitter
00
はてなブックマーク
00

BLOG

『しましまな日々』
存在感のふしぎ。

 きこ(娘3歳・あだ名:きこり)がどんどん大きくなってきて、家の中のきこりの体積が増えたというか——赤ちゃんのときとはちがった「存在感があるふしぎ」を最近、ふとした瞬間に感じます。とくに、ふたりでなにかするとき、「なんで、このひとがいるんだろうなぁ」と。


 ふたりでピザやさんなんか行っちゃったりして、「今日はどうだった?」なんて話ながら食べているとき。ふたりでサーティーワンに行って「どの味にする?」なんてアイスを選んでいるとき。(となりには小学生の女の子とママが、アイスの味の組み合わせを相談していて、「抹茶ティラミスとオレンジのダブルは意外と甘味と酸味で合うかも」とか話していて、私たちの「きこりはまたイチゴで、ママはまたチョコミントね」の会話よりはるかに高度。数年後はこうなるのね!)

昨年まではぜったい一緒に入れなかった、近所の雑貨やさんにふたりでいって、「ママ、このピアスかわいいんじゃない?」なんてきこりにピアスを選んでもらったとき(意外とかわいくて本当に買った)。


いままで「お世話をする」のみだったのが、なんというか、「生活をのいろいろを供にする」になってきたおもしろみ。



 この前の休日、コーヒーやさんで、となりにパパと小学生の女の子が入ってきて、パパはパソコンで仕事、女の子は宿題をやっていて、あ、大きくなるとこういうことができるのか! と、傍からみるとあたりまえなことだけど、発見がありました。


それでいま、やってみています——、同じテーブルで私がパソコンをひらき、きこりは「きこもおしごと、たいへんなのよ〜」と言って、おりがみやら、おえかきやら、”せいさくのおしごと”をしていておもしろい。


一緒にいろんなことができるおもしろみ。
同じ空間なんだけど、ちがうことができるおもしろみ。


というわけで来週、きこりは4歳!
どんな”存在感”を見せてくれるのか、楽しみです。

 

【イラスト担当、ヒラリーの美味しそうなブログはこちら】
191111%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%81%ae%e6%97%a5

【パパライター、Y-SUKEの妄想育児日記はこちら】

%e7%84%a1%e9%a1%8c109-1

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RITZ

RITZ

EDITOR・WRITER

グルメ、美容系、雑貨など、女子向けの取材・編集歴8年。しましま&旅好き。自宅のボーダー数と、訪れた国は20以上!

< 2019.12 
M T W T F S S
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Archive
2019年11月 (1)
2019年10月 (1)
2019年8月 (1)
2019年5月 (1)
2019年3月 (1)
2019年1月 (1)
2018年11月 (1)

more

TOPへ