SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

MEMBERS BLOG

facebook
00
twitter
00
はてなブックマーク
00

BLOG

憧れて、人生。第9回

今日も何かに憧れている、私です。

12月5日。
あっという間に、娘が1歳の誕生日を迎えました。

娘と妻と3人だけで過ごす記念日。何か特別なことをしたい、とぼんやりを考えていたところ妻から「毎日夕飯の支度をしながら観ている、日本テレビ夕方のニュース番組『news.evey』の『そらジローのお天気コーナー』に娘と出てみたい」と提案が。

天気予報の木原さんと、番組マスコットの「そらジロー」の後ろで、たくさんの親子が映っているアレです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c119

番組ホームページを見ると、毎週月〜金曜日、指定の時間に局内の集合場所に行けば、よほど人数が多くない限り誰でも出演できるとのこと。
なるほど。これは面白い。全国放送とあれば、親、親戚、友人、そして日本全国の皆様に1歳を迎えた娘の姿を見てもらう、最高の誕生日になる!と即決しました。 そして、いろいろな憧れも膨らみます。


娘、初めてのテレビ出演。もしかしたら、この放送をきっかけに、オムツのCMオファーがくるかもしれません。

%e7%84%a1%e9%a1%8c120

そして、そのCMをきっかけに芸能事務所に所属。そして、広告モデルを経て、子役デビューの可能性も。日本テレビで子役が大活躍した名作ドラマといえば『家なき子』。近い将来、『家なき子2030』とかやるかもしれない。早いうちから日テレで顔を売っておく必要があるなぁ〜と憧れは膨らむばかり。

%e7%84%a1%e9%a1%8c118-1
そんなことを考えながら日テレ内の集合場所に向かうと、そこには、サンタの衣装を着た子やツリーの着ぐるみの子、そらジロータオルを持ってアピール万全な子など、親の見栄やプライドを身にまとった子どもたちの姿がありました。その背後には、ギラギラに髪やメイクを決めたママさんたち。子ども以上に気合い入りまくりなオーラに圧倒されてしまいます。
やっぱり、これはオーディションなんだな! そう私は確信しました。
そこで、私も作戦を考えます。参加者が全員お母さんということは、お父さんが映ったら目立つんじゃないかと思いつき、妻にお願いして私が出演させてもらうことに。(番組の規定で、子どもに対して親は1人のみ出演可)

これは目立つぞ〜!さあ、『家なき子2030』のオーディションの始まりだ!

 

〜ここからは、実写でお送りします〜

本番まで、あと1分!

娘よ、いくぞ! と様子をみると・・・・・



img_9069

寝てるーーー!ヤバイ! ぎりぎりまで寝かしつけて、ご機嫌を取るつもりが、ギリギリすぎたー!!

泣かないように、やさしく起こし、顔が見えるように前向きだっこに変えようとしましたが、焦って、抱っこ紐の変なとこに足が入ってしまったり、うまくいかず、周りのお母さん達に助けてもらう始末。

すると、ついに現場スタッフの秒読みが始まりました。

そして、藤井アナウンサーの呼びかけで本番スタート。

「続いては、そらジローのお天気コーナーです。杉江さ〜ん! そらジロー!」※この日は木原さんではありませんでした。


カメラが横からなめて来るのがわかります。

 

きた・・・

 

 

きた・・・

 

よし、カメラこっちに来てる!

 

image1

とりあえず、娘の手を振りながら、左右に体を揺らし、変な動きで目を引こうとする私。

あっと言う間の中継(オーディション)が終わりました。

家に帰って、録画を見たら、良い位置を確保できていてバッチリ映っていました。
しかし、スタジオからのコメントで触れられていたのは、やはりサンタコスプレの子たちでした。無念!準備不足!
娘はどんな顔をしていたのかと、よーく見てみたら、寝起きのキョトン顔で、終始コートの襟をベロベロ舐め続けていました。

『家なき子2030』につながるかはどうあれ、娘の未来がますます楽しみになる、すばらしい誕生日となりました。



%e7%84%a1%e9%a1%8c101

%e7%84%a1%e9%a1%8c15

 

まだまだ、憧れは続く。

 

「憧れて、人生。」過去の回はこちら
%e7%84%a1%e9%a1%8c90

%e7%84%a1%e9%a1%8c94

第6回

%e7%84%a1%e9%a1%8c98

第7回
%e7%84%a1%e9%a1%8c103

第8回

%e7%84%a1%e9%a1%8c117

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Y-SUKE

Y-SUKE

これまで自衛隊雑誌、グルメ系雑誌などの編集を経験。趣味は、神社仏閣巡り。ウォーリーに似ているが、探されることは少ない。

< 2020.04 
M T W T F S S
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
CATEGORY

TOPへ