SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

MEMBERS BLOG

facebook
00
twitter
00
はてなブックマーク
00

BLOG

2月28日:ビスケットの日

こんにちは!今年の冬は本当に暖かいですね〜連日マフラーいらずの日々で嬉しい。桜の開花も例年よりかなり早まりそうだとか…。さてさて毎月の気になった記念日を紹介する、今月のなんの日は


2月28日:ビスケットの日
複数の記念日の中から一つ選んでいます。

  

ビスケットの日とは、全国ビスケット協会が1980年に制定した記念日。同協会によると1855年のこの日、パンの製法を学ぶために長崎に留学していた水戸藩の柴田方庵が、同藩の萩信之助にパン・ビスケットの作り方が書かれた手紙「パン・ビスコイト製法書」を送りました。また、ビスケットとはラテン語で「2度焼かれたもの」という意味であることから、「に(2)どや(8)かれたもの」の語呂合わせで2月28日に制定したようです。

 

ビスケットの起源は、今から1万年前。
ビスケットを製造している様子の壁画がイラクのバビロニア遺跡から見つかっており、保存食として食べられていたと言われています。現代に近いビスケットが本格的に食べられるようになったのは16世紀頃。ヨーロッパの宮廷で食べれられていたそうです。日本に上陸したのは1543年、種子島に漂着したポルトガル人が鉄砲のほか、ビスケットやカステラなどのお菓子を日本に伝えたと言われています。
しかし当時の日本人にはバターが口に合わなかったようで…あまり人気がなかったようです。今食べられているビスケットは試行錯誤の結果、日本人の口に合うように美味しく作られたんですね。


ところでビスケットと似たようなお菓子に、クッキー、サブレもありますよね。
日本では、ビスケットとクッキーは実は同じ分類なのだとか!全国ビスケット公正取引協議会は、クッキーをビスケットの中でも「手作り風の外観を持ち、原材料の中の糖分と脂肪分の合計が40%以上含まれるもの」と定めています。
「手作り風の外観」ってなんなんでしょうね…逆に手作り風じゃないビスケットが全く思いつかないんですが……。

サブレはというと、ビスケットやクッキーよりもバターが多く、ベーキングパウダーが使われていないもをサブレというようです。ちなみに本場フランスでは焼き菓子全体をサブレと呼ぶらしい…なんかややこしい…。


ということで、見た目での違いはなく原材料によって変わるようですね。
今日は久々に大好きな鳩サブレーでも買いに行こうかなぁと思いました。(ビスケットはパサパサするのであまり好きじゃない私)

それでは改めて2月28日ビスケットの日でした〜〜

 

【出典】
全国ビスケット協会 / LOTTE ビスケットの起源と歴史
 / YOKU MOKU意外と知らないクッキー・サブレ・ビスケットの違い


◎お知らせ:インスタグラムはじめました。

1810_dog2
実家の犬とか変な食べ物など描いてます。

◎前回の「なんの日」はこちら

12月20日:シーラカンスの日



◎イラスト担当しています。りっつさんの育児エッセイ
『しましまな日々』大きくなったら、なんになる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HILLARY

HILLARY

DESIGNER

イラストを描いたり手芸が趣味な社内最年少デザイナー。 ゆるっと可愛いものが好きです。よろしくお願いします。

< 2020.09 
M T W T F S S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Archive
2020年2月 (1)
2019年12月 (1)
2019年11月 (1)
2019年8月 (1)
2019年6月 (1)
2019年4月 (1)
2019年2月 (1)

more

TOPへ