SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

SO NEWS

facebook
35
twitter
00
はてなブックマーク
00

SO

7月企画「アイスキャンデー選手権」

DSC_0263-1

みなさん、こんにちは!
梅雨明け宣言!?で暑い夏の到来ですね。

こう暑いと社内からこんな声が・・・

「あーあ、もー暑い、アイス食べたい〜」
パレタスみたいなの、作れたらいいよね!」

パレタスとはこんなおしゃれなアイス。
top_img11

 

よし、オリジナルアイスキャンデーを作ってみよう!

 

 

作るだけじゃおもしろくない!ということで、
一番美味しいアイスキャンディーを作るのは誰だ選手権。

審査員は、三度のメシよりアイスが好きカップアイスを食べるときは専用のアイススプーンで食す、リッツ。

 

●ルールと審査内容●
・1人1種類、アイスキャンデーの型に入れてオリジナルアイスを作る
・素材の予算は500円

・審査は、タイトル&コンセプト、見た目、味の3つの総評

 

各自、仕込みをして審査前日までに冷凍庫へ!

 

そして、審査開始!!!
2016アイス作り028

 

 

 

■フーフー作「しましまアイス」

2016アイス作り005

見た目一番わかりやすいw(たぶんブドウ)

 

でも、どゅるんどゅるんwww

 

アイスキャンディー崩壊した。
2016アイス作り007

 

素材と総評はこちら。
img01

プリンとゼリーは凍らしてもどゅるんどゅるん。

 

 

■ ヒラリー作「ジャンケンアイス」

2016アイス作り004しろくまアイスみたいな見た目。

 

ぐにゃり。

 

リッツ「ん? なんか、すっごいかたい・・・。」

これ、なつかしのじゃんけんグミ!?
2016アイス作り010

 

素材と総評はこちら。
img02

 

ヒラリー「コンセプトは、コミュニケーションツールになるアイス。食べるまで何が出るかわからないジャンケングミパチパチキャンディが会話を盛り上げます!
・・・の予定でしたが、凍らせてる間にパチパチが溶けてなくなってしまいました。」

 

 

 

 ■ ユキチ作「くもアイス」

2016アイス作り003

見た目が芸術的!!
さすが、過去に数々の傑作をつくってきたデザイナーのユキチ。

 

リッツ「・・・味があまりない。なんか、バリウムを飲んでるみたいな不思議な味・・・。」

 

素材と総評はこちら。
img03

 

水ゼリーって何www

 

ユキチ「とにかく夏らしい見た目重視!のアイスではあるのですが、某パレタスみたいな甘さ控えめオシャレアイスにしてやろうと思ったら控えめにしすぎて無味になりました」

 

 

 ■ あいみ作「葉っぱアイス」

2016アイス作り000
色的には抹茶か・・・

 

リッツ「・・・んん?
E・DA・MA・ME! WOW!

 

素材と総評はこちら。
img04

フレッシュ、枝豆!!!!!

 

あいみ「娘が最近覚えた言葉『はっぱ』を毎日毎日連呼しているので、葉っぱ型アイスを作ってみました。」

■ ガク作「南国イタリアン」

2016アイス作り001

アイスの色ではないwww

恐る恐る一口食べるリッツ・・・

リッツ「・・・ん? なんか、にゅるん!ってする、にゅるんって!!」
2016アイス作り013

リッツ「しょっぱいーーーーーーーー!!!
2016アイス作り014

相当まずかったようで顔を覆ったまま動きませんでした。

素材と総評はこちら。
img05

ガク「制作予算の都合上生ハムメロンならぬ生ハムマンゴーにしましたが、生ハムの塩分が溶け出し想像を絶する味になっておりました。」

■ デンデ作「朝食バー」

2016アイス作り002
ガク「なにこの、タンの色みたいなの…」

あいみ「なんか…食べ物の色じゃない」

ガク「うわぁ〜歯みたいな何かがボロっと落ちた!?」

ユキチ(アイスを撮影している)「このへんな茶色のやつ…写真のピントが合いません(怒)」

 

なんか出てますwww

 

おそるおそる、ひとくち・・・
2016アイス作り022

リッツ「ん?・・・んん??
2016アイス作り023

リッツ「ん・・・・・・・・・・・・・・・ウマい!!!!
2016アイス作り024

 

素材と総評はこちら。
img06

デンデ「暑くて食欲のない朝でも、これ一本でエネルギーチャージできるアイス。1本満足バーのアイス版みたいなイメージです。」

 

 

 

 

 

― 総論

 

 

 

アイスを見た目で判断してはいけない。

 

 

 

アイスはそのキュートな見た目に心躍らされがちですが、今回の変色ボロボロアイスの、美味しさといったら!
そのギャップの衝撃といったら!

 

アイスも人も、見た目で判断してはいけない、ということがわかった盛夏でした。

TOPへ