SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

SO NEWS

facebook
04
twitter
00
はてなブックマーク
00

SO

9月企画「ハロウィンより一足先に、ジャック・オ・ランタンを作ってみた!」

dsc_0292

みなさんこんにちは、SOさんです。気づけば夏も終わり、肌寒くなってきましたね。
一年中服を着ないスタンスのわたくし・SOさんにとって、厳しい季節がやってまいりました。
(さっそく、ちょっぴり風邪気味でございます)
さて、今回はそんな寒さを吹き飛ばすくらい楽しくて、ぬくもりのある“アレ”を作ってみましたよ。
それは何かといいますと…

 

ダララララララララララララララララララララララララララララ・・・・・・・・・・※注ドラムロール

 「ジャック・オ・ランタン」!!!
もうすぐやってくるハロウィンに向けて、ちょっぴり早めのチャレンジです。ただ、ジャック・オ・ランタン用のかぼちゃがまだ出回っていなかったので(しかも、食べられない上に、高額なんです)、別の食べ物で作ってみましたよ!気軽かつリーズナブルにジャック・オ・ランタンを作ってみたい♡という人は、参考にしてみてくださいね。

 

■ジャック・オ・ランタンの作り方

★必要なモノ
●ジャック・オ・ランタンにしたい食材(野菜や果物が望ましい)
●彫るための道具(彫刻刀やナイフ、カッターなど)
●くり抜くための道具(スプーンなど)
●ティーライトキャンドル
↓こういうやつ

z0237

 

 

 

★作り方

①まずは、野菜や果物の下部に穴を開けて中身をくり抜き、ティーライトキャンドルが入るスペースを作ります。

%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%9f%e3%82%93

 

 

②好きなように顔を彫ります。

dsc_0211

 

 

③ティーライトキャンドルの上に、ランタンを被せたら完成!!!!!
以上。とっても簡単でしょ?

 

 

 

では次に、みんながどんな食材でジャック・オ・ランタンを作ったのか見ていきましょう!
dsc_0216

 

 

 

 

 

①ロロン・カボチャ(ガク)
dsc_0233今回珍しく、事前準備を徹底していたガク。週末に道の駅でカボチャを調達し、制作日の前日までに中身をキレイにくりぬき、乾燥までさせるという気合いの入りよう。こちらはだいぶ硬いようで、中身をくり抜くのがなかなか大変そうでした。器用なガクは、驚くほど美しく中身をくり抜き、なんとも本格的に仕上げていましたが、ランタン初心者には難易度の高い作業ですかねぇ。手先の器用さに自信がある人におすすめします。ちなみに、ロロン・カボチャとは育成者の「ロマン」と味が「マロン」のように甘いということから付けられたそう。あ、話がそれました。

 

 

 

 

 

②れんこん(あいみ)

dsc_0238人形作家でもあるあいみは、お!そうきたか!な食材・レンコンを選びました。顔のブツブツや凸凹、傷の間に土が入り込んでいる感じがどことなくホラー!そして、肌色というところも、なんだか恐ろしさを感じさせます。さすが、世界観の演出に余念がありません。レンコンをくり抜くのは一見難しそうに見えますが、もともと穴が開いているので意外と抜きやすいとのこと。彫刻刀を器用に操り、あっというまに命が吹き込まれました。

 

 

 

 

 ③キャベツ(ゆきち)
dsc_0224
細かい作業が得意なゆきちは、SOさんがまったく予想だにしていなかったキャベツをセレクト。作っている間に崩壊しそうな食材を選ぶあたり、ランタンづくりへの自信が伺えます。葉脈や口元のガタガタした感じがちょっぴり怖くって、いい感じです。そして、壊すことなくこちらを作り上げたワザにアッパレ!ジャック・オ・ランタンなんて作り慣れてるぜっ!という人は、キャベツにチャレンジしてみてはいかが?

 

 

 

 

 

④パプリカ・1(りっつ)
dsc_0231
手先の不器用さに定評があるリッツが選んだのは、赤と黄色のパプリカ。なんてったって、中身がスッカスカでほぼくり抜かなくていいですからね!今回は余裕があったようで、1人で2個も制作!しかも、目も口もキレイにくり抜けているではないですか。どうしたんでしょう?そして、顔がどことなくりっつっぽい…!ちなみに左のイエローはわたくしSOさんをモデルにしたランタンです。どう?かわいいでしょ?そっくりでしょ?

 

 

 

 ⑤パプリカ・2(デンデ)
dsc_0229
不器用シスターズの片割れ・デンデもリッツと同じ思考でパプリカを選んでましたよ(爆)。ラクしようという魂胆がスケスケですね!しかし、同じ食材を使っても、それぞれ顔が違うというのがおもしろいところ。なんだかね、デンデのジャック・オ・ランタン、表情がとってもアンニュイ。なんかあったの?と話しかけたくなるほど。全体的な歪みやズレが気になるけれど、どうにかジャック・オ・ランタンに見えなくもないので(形状のおかげ♡)、結論=パプリカは、細かい作業が得意じゃない人におすすめ。以上。

 

 

 

 

 ⑥洋ナシ(ヒラリー)
dsc_0240メンバーの中で唯一、フルーツを選んだヒラリー。しかも、ぐにゅんぐにゅんの洋ナシというチョイス。身がやわらかいので、中身はラク~にスプーンですくいだせたみたいですが、気づけば穴という穴から汁が…!!!ホラー感ゼロ、むしろファニー!

 

はい、ということで全員完成!!!!!ん?ジャック・オ・ランタン感ない!?

dsc_0241

なんか、後ろのオレンジの頭が開いてるけど(気にしない、気にしない♡)

 

 

 

さ、ここからが本番!キャンドルの上にお化けたちをかぶせると…!
dsc_0265

なんか、ハロウィン感出た!

センターは、もちろんわたくし・SOさん。一番輝いてるネ!

dsc_0283

つ、つよそう。

dsc_0250

けっこうハロウィンっぽいんじゃない??

dsc_0289れんこんの頭にご注目!

 

dsc_0271

SOさんのアップ!

 

dsc_0301

単体で見たら、ジャック・オ・ランタンじゃないかも?

 

HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!

dsc_0230

END

 

 

 

 

 

 

TOPへ