SO by KYODA creation

KYODA-CREATION-TOKYO 03-5793-4350 GREENHILL-TAKANAWA-101,4-24-40,TAKANAWA,MINATO-KU,TOKYO 108-0074,JAPAN

SO NEWS

facebook
00
twitter
00
はてなブックマーク
00

SO

6月企画「七品持ち寄り・素敵な七夕御膳を作ろう!」

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af

みなさんこんにちは!広報担当のSOさんです。
1年もあっという間に半年終わりましたよ。来週から7月です!
7月と言えば、、、そう、七夕!!!

 

『七夕をテーマに、なんか面白いこと企画せよ。』

 

広報担当SOさん、京田クリエーションメンバーにお題を出しました。

 

「すっごい七夕飾りを作るってのは?」

「ググればもう、すごいのいっぱいあるよ。」

「七夕クリームソーダ選手権は!」

「いいねー! でもさ、出来上がりが似そうじゃない?」

「七夕ではそうめんを食べる風習があるらしいよ!そうめん企画は!?」

「それ、去年の夏やったしっ!」

「リアル織姫と彦星 東京都内で会えるのかゲームは!!」

・・・しばしルールを考案するも、着地ならず。

 

『ほらほらみなさん、頭かたくなってんじゃないっすか〜〜?
 アイデア出るのが遅い遅いっ! ほら、もっと溢れ出るように
 次々と企画を出さなくっちゃ〜』

 

はい、SOさんはみんなを焚き付けるのだけがお仕事です☆
いろいろ検討の結果、、、下記に決定!!!


【七品で構成された、七夕御膳を全員で作る】

〈ルール〉

下記の御膳セットを用意。

 %e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3001

 

各々、使いたい器を決め打ちして、七夕にふさわしい「御膳」の一品を作って持ち寄る。メンバー7人、七品揃って「七夕御膳」のでっきあがり〜☆

 

言うのは簡単。

 

メンバーは皆、頭を抱え、2週間後・・・
御膳づくりの当日を迎えます。

 

はい、ではまず、自分が使いたい器を奪い合います!

 

使いたい器を指さし・・・せーのっ!

img_9932

 

 

 

はい、カブりまくり!

 

後は、ジャンケンで奪い合い。
次に、恒例のあみだくじで、お品書きの順番を決め、
1番の人から順に盛りつけて行きます。

 

さ、七夕御膳が出来上がる様を、どうぞ、ご覧ください〜!

 

1品目/アートディレクター:がく

%e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3004

 

【メニュー名】

 

叶えたまへ!短冊ゼリー寄せ

 

【解説】
ハムと卵を短冊形に、葉っぱを笹の葉に見立てて切って固めました。
願い事にご執心の亡者どもに送る、欲丸出しの一品です。

【材料】
ハム、卵焼き、生で食べられる緑の葉っぱ、ゼラチン、コンソメ、素麺、青色一号

 

『トップバッターから、なかなかの出来映え!! 料亭の雰囲気!!』

 

2品目/デザイナー・イラストレーター:ヒラリー
%e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3006

【メニュー名】

 

きらきら天の川ゼリー

 

【解説】
天の川をイメージした青いレモンゼリーに織り姫・彦星を添えました。見た目重視!味見段階ではまあ美味しかったんですが、固めたらゼラチン味で美味しくなかったです(^p^)

 

『お料理企画では、いつも青色一号を使いまくって、大ブーイングを受けるヒラリーですが、今回は、見事な青色使い!!汚名返上!!』

 

3品目/総務:フゥフゥ

%e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3007

 

【メニュー名】

 

七夕色の琥珀糖

 

【解説】
七夕かざりをイメージして色とりどりの琥珀糖を作りました。外側はシャリシャリ・中はほろっとした食感となっています。

※琥珀糖とは寒天・砂糖・水を煮詰めてお好きな色をつけて冷やし固め、カットしたものを乾燥させて表面の砂糖が結晶化させたものです。

 

【材料】
琥珀糖・ソーダ水・オーギョーチー

 

『え!この琥珀糖、手作りしたの!? すっごいきれい!! 総務部フゥフゥ、あんたが1番クリエイティブだよ!!!』

 

・・・でも、ここまで、みーんな「透明系」。
雲行きが怪しいぞ。

 

4品目/ライター:ワイスケ
%e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3010

【メニュー名】

 

「Boy Meets Girl 
〜出会いこそ 人生の宝探しだね〜

 

【解説】
七夕っぽさ=織姫&彦星という、なんのひねりもない発想が、一周回って誰ともかぶらないのでは?と思い、この料理に決めました。

彦星の着物には、きゅうりを使用。栄養素の約90%が水分であることから、涙で濡れた心を表現しています。

織り姫で使用した紅ショウガは、彦星に会えない辛く切ない気持ちを表現しています。

 

『おおおーー! 似たような見た目が続いたので、新鮮だよ!
ブサ可愛い二人も愛嬌があっていいね! お米が出て来てSOさん安心したよ!!』

 

5品目/エディター・ライター:りっつ
%e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3011

【メニュー名】

 

甘味・天の川

 

【解説】
くずきりとラムネ味のかき氷シロップで、天の川を表現しました。スイートでつるんと冷たい天の川を召し上がれ。

 

『あれ・・・さっき見たぞ。

 

 

6品目/イラストレーター:あいみ

%e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3012

 

【メニュー名】

 

パクッと織姫☆彦星 

 

【解説】
“御膳”という響きの重圧に絶え切れず、娘に「七夕弁当作って〜」と言われたという設定にすり替えて作りました。うずらの卵とソーセージ、着物は薄焼き卵…完全に弁当の一品です。

 

『これも見た。

 

 

7品目/デザイナー:ユキチ

 

ユキチ「すみません、もう、出さずに帰っていいですか・・・」

 

 

『まさか・・・?』

 

%e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3014

【メニュー名】

 

天の川くずきり

 

【解説】
ブルーハワイシロップにくずきりを入れ、星のトッピングを散らして天の川っぽくしました。まさかのモロかぶりな上にラストだったので帰りたかったです。微妙に味が違って助かりました。

 

『そっくり♡』

 

【七夕御膳・完成】
%e4%b8%83%e5%a4%95%e5%be%a1%e8%86%b3016

 

 

 

 

 

【総評】

 

 

 

 

 『ゼリーばっかり!!』

 

 

 

 

 

みなさん、クリエイターたるもの、
守りに入ってはいけません。
他の人が考えないような発想に、
日々、磨きをかけて下さい。

 

 

 

 

以上、7月企画も乞う、ご期待!!

 

 

 

おまけ「ヒラリーのぶるぶる天の川ゼリー」

 

■こちらの対決企画記事も、どうぞ!
img_5480

「ヒラリーへ引越祝いをご提案!」

 

TOPへ